スポンサードリンク

2015年12月20日

おせち料理 由来

お正月の料理には欠かせない「おせち料理」

その由来を調べてみると、もともとは季節の変わり目となる節句に、神様にお供えした食べ物を「お節料理」と呼んでいました。

やがて月日が流れ、節句の中で最も重要なお正月に供える料理だけを「おせち料理」というようになりました。

「おせち料理」はお正月の神様、年神様に供える料理であり、家族の幸せを願う縁起ものの料理です。五穀豊穣、家族の安全と健康、子孫繁栄の祈りが料理には込められています。そのため、海の幸、山の幸が豊富に盛り込まれているのです。
【おせち料理 意味の最新記事】
posted by ひかり at 06:28| おせち料理 意味
おせち料理」の先頭へ